for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

貿易戦争、世界のGDPを最大3%押し下げも=仏中銀

 7月19日、フランス中央銀行は、広範囲の関税引き上げを伴う貿易戦争により、世界のGDPが最大3%押し下げられる可能性があるとの試算を公表した。写真は鉄鋼所で働く労働者。2006年1月にベルギーで撮影(2018年 ロイター/Yves Herman)

[パリ 19日 ロイター] - フランス中央銀行は19日、広範囲の関税引き上げを伴う貿易戦争により、世界のGDPが最大3%押し下げられる可能性があるとの試算を公表した。

中銀のエコノミストは、関税率が全般的に10%ポイント引き上げられた場合の直接的な影響として、2年後にGDPが1%押し下げられる可能性があると指摘した。

その上で「生産性の低下や資金調達コストの上昇、投資需要の低下などにより影響は増幅される」とし、これら全ての要因を考慮すると、世界の実質GDPは2年後に最大3%押し下げられる可能性があるとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up