September 6, 2016 / 4:56 PM / 3 years ago

ドル急落し102円近辺、弱い米ISM非製造業指数で利上げ観測後退

9月6日、中盤のニューヨーク外為市場でドルが急落した。米供給管理協会(ISM)非製造業統計が軟調だったことを嫌気した。写真は2010年10月撮影(2016年 ロイターTruth Leem)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日中盤の米ニューヨーク外為市場では、ドルが弱い米供給管理協会(ISM)非製造業統計を嫌気し急落した。

8月の非製造業部門総合指数(NMI)は51.4と、7月の55.5から低下、市場予想の55.0を大きく下回った。前月比の下落幅は金融危機で世界経済が混乱していた2008年11月以来の大きさだった。

発表を受けて、ドル/円JPY=は1%超下落し102.05円をつけた。

テンパスのマーケット責任者、ジョン・ドイル氏は「想定を下回る伸びとなった前週末2日の8月雇用統計も合わせ、米利上げ予想は9月どころか12月も低下した」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below