for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

非銀行部門に為替スワップ関連で80兆ドル超の「隠れ債務」=BIS

 12月5日、国際決済銀行(BIS)は公表した最新の四半期報告で、年金基金を含めた非銀行金融セクターが為替スワップ取引において抱えている簿外の「隠れた」ドル建て債務が、総額80兆ドル超に達しているとの推計を示した。ワルシャワで2011年撮影(2022年 ロイター/Kacper Pempel)

[ロンドン 5日 ロイター] - 国際決済銀行(BIS)は5日公表した最新の四半期報告で、年金基金を含めた非銀行金融セクターが為替スワップ取引において抱えている簿外の「隠れた」ドル建て債務が、総額80兆ドル超に達しているとの推計を示した。

BISは、為替スワップ関連債務が金融監督上の「盲点」になっていると指摘。政策担当者にとって状況が不透明なままの対応を迫られる恐れがあると警鐘を鳴らした。

為替スワップ市場は、世界金融危機や2020年3月の新型コロナウイルスのパンデミック発生時にも流動性が逼迫し、後者のケースでは米連邦準備理事会(FRB)がドルスワップの与信枠を設定する形で介入せざるを得なくなった。

BISによると、こうした為替スワップ関連債務は10年前の55兆ドル超から80兆ドル超まで拡大。米国以外の銀行と非銀行を合計した為替スワップに起因するドル建て債務は、帳簿上のドル建て債務の2倍に膨らんだという。

BISは、これらの債務の正確な規模や問題の所在に関する直接的な情報が欠如していることが重大だと説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up