December 24, 2019 / 9:44 PM / a month ago

米株指数連動レバ型ETFのリターン、過去10年間で2000%に迫る

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 日次変動率が米株価指数の2─3倍になるように設計されたレバレッジ型上場投資信託(ETF)は、多くの投資家に適していないと警戒されているにもかかわらず、過去10年間のリターンが2000%に迫り、最も利回りの良いファンドベスト10に入った。

モーニングスターのデータによると、ディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3倍ETF(TECL.P)のリターンは2010年初から今年11月までで約1920%。米国で投資可能な投資信託およびETF約1万銘柄の中でトップとなった。

またナスダック100の日次変動率の2倍に連動するように設計されたプロシェアーズ・ウルトラQQQ(QLD.P)が2位となり、同期間のリターンは約1330%となった。

これに比べ、米国株の主力アクティブファンドの過去10年間のリターンは441%だった。

リフィニティブ・リッパーのデータによると、レバレッジ型のETFおよび投信に投じられている資金は約350億ドル。保有期間はおおむね数日から数週間にとどまっているという。

レバレッジ型ETFを研究するイースト・テネシー州立大学のウィリアム・トライナー教授は、過去10年間はレバレッジ型ETFにとって完璧だったと指摘。「ボラティリティと借り入れコストが非常に低水準で、市場リターンの平均を上回った」と述べた。

またレバレッジ型ファンドは今後10年で他のファンドよりもアウトパフォームすると見込む一方、向こう3─4年で借り入れコストが上昇すれば重しになると言及。「これまでのリターンが再現されることはないだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below