for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界大手企業の第1四半期配当が過去最高、鉱業と石油けん引

 5月24日、英資産運用会社ジャナス・ヘンダーソンが公表した報告書によると、世界の大手企業が今年第1・四半期に支払った配当総額は前年同期比11%増の3025億ドルとなり、同四半期として過去最高を更新した。写真は北京で2016年1月撮影(2022年 ロイター/Jason LeeIllustration)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英資産運用会社ジャナス・ヘンダーソンが公表した報告書によると、世界の大手企業が今年第1・四半期に支払った配当総額は前年同期比11%増の3025億ドルとなり、同四半期として過去最高を更新した。

第1・四半期は全業種の配当が前年同期比で増加。鉱業と石油がいずれも3分の1近く増え、全体の伸びをけん引した。

ただジャナス・ヘンダーソンは、企業への逆風が強まっていると指摘。ロシアのウクライナ侵攻、地政学的な情勢の緊迫化、エネルギーとコモディティーの価格上昇、物価の急騰、金利の上昇といった要因が、今後数カ月間の配当に影響を及ぼすとの見通しを示した。

第1・四半期に最も配当が多かった企業はオーストラリアの資源大手BHP。2位はスイスの製薬大手ノバルティス。3位はデンマークの海運大手マークスだった。

94%の企業が増配、もしくは配当を据え置いた。

ジャナス・ヘンダーソンは、今年の世界の企業配当総額を前年比4.6%増の1兆5400億ドルと予想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up