for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米株ファンドから大幅資金流出、S&P最高値更新で=バンカメ

 バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の週間データによると、8月19日終了週に米国株ファンドから約78億ドルが流出、15週間ぶりの大幅な流出超になった。写真はドル紙幣。2009年11月米コロラド州ウエストミニスターで撮影(2020年 ロイター/Rick Wilking)

[ロンドン 21日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の週間データによると、8月19日終了週に米国株ファンドから約78億ドルが流出、15週間ぶりの大幅な流出超になった。S&P総合500種指数.SPXは同じ週に過去最高値を更新した。

EPFRグローバルのデータに基づく資金動向によると、債券ファンドには145億ドルが、金のファンドには12億ドルがそれぞれ流入し、キャッシュファンドからは297億ドルが流出した。

S&P総合500種は18日に終値として過去最高値を更新。3月23日に新型コロナウイルス感染拡大を受けて付けた安値からは約55%上昇。2月下旬に始まった弱気相場はS&P総合500種の歴史の中で最も短かった。

バンカメのアナリストはまた、8月18日に2年ぶりの安値を付けた米ドルについて、「弱気」相場入りしたと分析した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up