September 7, 2018 / 1:03 AM / 2 months ago

アジア株が1年超ぶり安値圏、米国の対中追加関税発動に懸念

[シドニー 7日 ロイター] - 7日朝方のアジア株は1年2カ月ぶり安値で推移している。米国による中国製品への追加関税がいつ発表されてもおかしくないとの懸念や、米国で前日にハイテク株が下落したことが背景。

MSCIアジア太平洋株指数(日本除く).MIAPJ0000PUSは0.34%安と、2017年7月半ば以来の安値圏。

追加関税に対する米国でのパブリックコメント募集は0400GMT(日本時間午後1時)までとなっており、終了後直ちに追加関税が発動される可能性があるとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below