January 10, 2020 / 2:17 AM / 9 days ago

原油先物は続落、中東情勢巡る懸念後退

[東京 10日 ロイター] - 原油先物価格は10日、中東情勢を巡る懸念が後退したことから、続落している。

0119GMT(日本時間午前10時19分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.14ドル(0.2%)安の1バレル=65.23ドル。米WTIも0.14ドル(0.2%)安の59.42ドル。

ユーラシア・グループはリポートで「米国とイランは双方とも緊張緩和を試みているようだ。戦争の瀬戸際にあった中東地域は平常に戻りつつあり、原油市場の供給不足リスクは低下した」と指摘した。

原油価格は、米国による1月3日のイラン司令官殺害前の水準を下回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below