May 25, 2018 / 2:54 PM / 7 months ago

米WTI4%安、サウジとロシアが協調減産緩和巡り検討

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 25日の取引で、原油先物相場が急落。サウジアラビアとロシアのエネルギー相が会合し、協調減産緩和を巡り協議したことが圧迫要因となった。

米WTI原油先物CLc1の清算値は4%(2.83ドル)安の1バレル=67.88ドル。週足では約4.9%の値下がりと、2月初旬以来の大幅な下げを記録した。

北海ブレント先物LCOc1は3%(2.35ドル)安の同76.44ドルで終了。週足では約2.7%下落し、4月初旬以来の大幅な下落となった。

*内容を更新、カテゴリーを追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below