June 12, 2019 / 2:14 AM / 7 days ago

原油先物が下落、需要低迷見通しや米在庫の増加で

 6月12日、原油先物価格は下落している。石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国の減産が続くとの観測が高まっているものの、需要低迷見通しや米原油在庫が予想外に増加したことに圧迫されている。写真は上海のガソリンスタンドで2017年11月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[ソウル 12日 ロイター] - 原油先物価格は下落している。石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国の減産が続くとの観測が高まっているものの、需要低迷見通しや米原油在庫が予想外に増加したことに圧迫されている。

0036GMT(日本時間午前9時36分)時点で、ブレント先物LCOc1は0.76ドル(1.22%)安の1バレル=61.53ドル。

米WTI先物CLc1は0.79ドル(1.3%)安の52.58ドル。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は11日に発表した月報で、2019年の世界の原油需要の伸びを日量16万バレル下方修正し、同122万バレルとした。

2019年の米原油生産見通しは日量136万バレル増の同1232万バレルとし、従来見通しから同14万バレル下方修正した。[nL4N23J00N]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below