July 12, 2019 / 2:54 AM / 10 days ago

原油先物は上昇、メキシコ湾の熱帯低気圧や中東情勢巡る懸念で

 7月12日、アジア時間の原油先物は上昇。熱帯低気圧の接近を受けてエネルギー各社がメキシコ湾の生産量を半分以下に減らしたほか、中東情勢の緊張が続いていることが相場を支援している。写真は原油をくみ上げるためのポンプジャッキ。フランスのシャイベンアールで2017年10月撮影(2019年 ロイター/Christian Hartmann)

[ソウル 12日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。熱帯低気圧の接近を受けてエネルギー各社がメキシコ湾の生産量を半分以下に減らしたほか、中東情勢の緊張が続いていることが相場を支援している。

0115GMT(日本時間午前10時15分)時点で、北海ブレントLCOc1先物は0.37ドル(0.6%)高の1バレル=66.89ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.34ドル(0.6%)高の60.54ドル。

メキシコ湾では11日までに、同地域の石油生産の53%に相当する日量100万バレル超の生産が停止している。

また、米エネルギー情報局(EIA)が発表した国内原油在庫は4週連続で減少し、減少幅は予想を大幅に上回った。

このほか、原油輸送の要衝である中東のホルムズ海峡を通過中の英タンカーにイランの船舶が接近し、通過を阻止しようとしたと英国が明らかにしたことを受け、中東情勢を巡る懸念が高まった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below