February 13, 2019 / 2:38 AM / in 5 months

原油先物が1%上昇、OPEC大幅減産や米国のベネズエラ制裁で

 2月13日、アジア時間の原油先物は、1%程度上昇している。石油輸出国機構(OPEC)が1月に大幅減産を実施したと発表したことが背景。米国によるベネズエラ制裁も原油価格を支援している。写真はシンガポールの石油精製施設の前を行き交う船舶。2016年2月撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 13日 ロイター] - 13日アジア時間の原油先物は、1%程度上昇している。石油輸出国機構(OPEC)が1月に大幅減産を実施したと発表したことが背景。米国によるベネズエラ制裁も原油価格を支援している。

0138GMT(日本時間午前10時38分)現在、米WTI原油先物CLc1は0.54ドル(1%)高の1バレル=53.64ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.53ドル(0.9%)高の同62.95ドル。

OANDA(シンガポール)のシニア市場アナリスト、ジェフリー・ハレー氏は、原油価格が上昇している理由として「サウジアラビアがOPECで合意した減産枠に加えて、さらに日量50万バレルの生産・輸出削減を行うと表明した」ことを挙げた。

OPECは12日に発表した月報で、1月のOPEC産油量が前月から日量約80万バレル減の3081万バレルとなった、と発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below