September 14, 2018 / 3:20 AM / 9 days ago

原油先物は小反発、需要減退への懸念が上値抑制

[東京 14日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小反発。前日の市場では、新興国危機と通商摩擦で原油需要が減退するとの懸念が強まり、今月最大の下げを演じていた。

 9月14日、アジア時間の原油先物は小反発。前日の市場では、新興国危機と通商摩擦で原油需要が減退するとの懸念が強まり、今月最大の下げを演じていた。写真はバンコクの石油精製施設。昨年10月撮影(2018年 ロイター/Athit Perawongmetha)

0122GMT(日本時間午前10時22分)時点で北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比0.23ドル(0.3%)高の1バレル=78.41ドル。前日は2%安だった。

米WTI原油先物CLc1は0.27ドル(0.4%)高の68.86ドル。前日は2.5%安だった。

国際エネルギー機関(IEA)は13日、足元の原油市場はタイト化しており、世界の石油消費が向こう3カ月で日量1億バレルを突破すると予想しながらも、経済へのリスクは世界的に高まっているとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below