August 14, 2019 / 2:40 AM / 4 days ago

原油価格は下落、米原油在庫が予想に反して増加

 8月14日、アジア時間の原油価格は下落。米原油在庫が予想に反して増加したことが背景で、米国が対中追加関税を一部延期すると発表したことを受けたオーバーナイトでの上昇分を一部消す展開となっている。写真はジャカルタのガソリンスタンドで2016年2月撮影(2019年 ロイター/Beawiharta)

[東京 14日 ロイター] - アジア時間の原油価格は下落。米原油在庫が予想に反して増加したことが背景で、米国が対中追加関税を一部延期すると発表したことを受けたオーバーナイトでの上昇分を一部消す展開となっている。

0116GMT(日本時間午前10時16分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.35ドル(0.6%)安の1バレル=60.95ドル。前日は4.7%急伸し、昨年12月以来の大幅な上昇率を記録していた。

米WTI原油先物CLc1は0.46ドル(0.8%)安の56.64ドル。前日は4%高と上昇率は約1カ月ぶりの大きさだった。

マッケナ・マクロのストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は、トランプ米大統領は自身の利益を優先すると言いながら、時にそれに逆行する行動を取ると指摘。「トランプ氏が何をするか予測するのは日に日に難しくなっている」と語った。

米石油協会(API)が13日公表した統計によると、9日までの1週間の国内原油在庫は前週比370万バレル増の4億4300万バレルとなった。アナリスト予想は280万バレル減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below