February 21, 2020 / 10:14 PM / 3 months ago

原油先物1%安、新型肺炎巡る懸念再燃 週間では2週連続高

 21日、米国時間の原油先物は約1%下落した。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響に伴い、原油需要が減少するとの懸念が再燃した。写真はテキサス州で2018年8月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ベンガルール 21日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約1%下落した。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響に伴い、原油需要が減少するとの懸念が再燃した。

北海ブレント先物LCOc1は一時2%超下落。清算値は0.81ドル(1.4%)安の1バレル=58.50ドルだった。米WTI原油先物CLc1は0.50ドル(0.9%)安の53.38ドルだった。

もっとも週間では北海ブレントが2%高、WTIが2.6%高となり2週連続で上昇した。今週は新型ウイルスを巡る懸念が緩和する場面があったほか、米原油在庫が予想ほど増加しなかったことが寄与した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below