February 26, 2019 / 3:03 AM / in 3 months

原油先物は下落、原油高に対するトランプ氏の不満が重しに

 2月26日、アジア時間午後の取引で、原油先物は下落。トランプ米大統領が原油高への不満を表明したことで3%超下落した前日から下げ幅を拡大している。写真はソウルのガソリンスタンドで2011年6月撮影(2019年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[シンガポール/シドニー 26日 ロイター] - アジア時間26日午後の取引で、原油先物は下落。トランプ米大統領が原油高への不満を表明したことで3%超下落した前日から下げ幅を拡大している。

0346GMT(日本時間午後0時46分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比10セント(0.2%)安の1バレル=64.66ドル。一時、2月14日以来の安値となる64.32ドルまで下落した。25日には一時3.5%下落していた。

米WTI原油先物CLc1は29セント(0.5%)安の1バレル=55.19ドル。25日には3.1%安となっていた。

アナリストらは、主要な石油輸出国の減産に伴う最近の原油高への米国の対抗姿勢が相場の重しと指摘する。2月8─22日のあいだにブレント原油は8.1%上昇した。

トランプ大統領は25日、原油価格に関する懸念を表明し、石油輸出国機構(OPEC)に対し価格安定を維持するよう改めて求めた。

ANZ銀はリサーチノートで「米議会でOPECを反トラスト法の対象とする法案を復活させる動きがある中、今回の大統領の警告はより大きな影響力を持っている」と述べた。

また、アナリストによると、トランプ大統領が原油高の是正を図る一方で、米国の対イラン、対ベネズエラ制裁が原油相場を支援している構図がある。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below