December 29, 2017 / 3:00 AM / a year ago

米原油先物が15年半ば以来の高値に上昇、予想外の生産減で

 12月29日、米原油先物はアジア時間の取引で2015年半ば以来の高値に上昇した。写真はインドネシアの首都ジャカルタで2014年11月撮影(2017年 ロイター/Beawiharta)

[シンガポール 29日 ロイター] - 米原油先物はアジア時間の取引で2015年半ば以来の高値に上昇した。米国での生産と在庫の減少を背景に買いが膨らんでいる。

0210GMT(日本時間午前11時10分)時点で、米WTI原油先物CLc1は0.33ドル(0.5%)高の1バレル=60.16ドル。2015年6月以来の高値

北海ブレント先物LCOc1も高く、0.33ドル(0.5%)高の66.49ドル。ブレントは今週、2015年5月以来初めて67ドルを突破した。

米エネルギー情報局によると、先週の米原油生産C-OUT-T-EIAは日量975万4000バレルに減少。前週の978万9000バレルから予想外に減少した。

米原油生産は依然、2016年半ば以降で約16%増の水準だが、アナリストの多くは今年の年末までに日量1000万バレルを突破すると予想していた。これはサウジやロシアのみが上回る水準。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below