August 31, 2018 / 2:36 AM / 20 days ago

原油先物は下落、米中貿易摩擦の激化懸念で

[シンガポール 31日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。米中貿易摩擦が激化するとの懸念が背景となった。一方、イラン産原油を対象とした米制裁が迫っていることが下値を支えている。

 8月31日、アジア時間の原油先物は下落。米中貿易摩擦が激化するとの懸念が背景となった。写真はハノイのガソリンスタンドで2016年12月撮影(2018年 ロイター/Kham)

0106GMT(日本時間午前10時06分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は22セント(0.3%)安の1バレル=77.55ドル。米WTI原油先物CLc1は6セント安の70.19ドル。

8月の原油先物は北海ブレントが4%超高、WTIが2%高となる見通し。ただ、中国・欧州連合(EU)などと、米国の間での貿易摩擦が世界の経済成長に悪影響を及ぼし始めるとの懸念も出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below