July 31, 2019 / 3:48 AM / 18 days ago

原油価格は5日続伸、米在庫減少や米利下げ観測が支援

 7月31日、アジア時間の原油価格は5営業日連続で上昇。米原油在庫が予想以上に減少したことや、米連邦準備理事会(FRB)が30─31日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測に支援されている。写真はインドのコルカタで2017年2月撮影(2019年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)

[東京 31日 ロイター] - アジア時間の原油価格は5営業日連続で上昇。米原油在庫が予想以上に減少したことや、米連邦準備理事会(FRB)が30─31日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測に支援されている。

0044GMT(日本時間午前9時44分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.33ドル(0.5%)高の1バレル=65.05ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.28ドル(0.5%)高の58.33ドル。

月間では原油需要を巡る持続的な懸念から、ともに下落する見通しで、北海ブレント先物は約2.3%安、米原油先物は小幅安となる見込み。

ただ米原油在庫はここ数週間、減少しており、需要を巡る懸念が過剰である可能性を示している。

米石油協会(API)が30日公表した直近の統計でも、原油在庫はガソリン、ディスティレート(留出油)の在庫とともに減少した。

26日までの週の原油在庫は600万バレル減の4億4300万バレルで、ロイターがまとめたアナリストの予想(260万バレル減)以上に減少した。

VMマーケッツはリサーチノートで、在庫が市場予想以上に減少する状況が続いており、アナリストが今年の消費や季節的な需要をかなり低く見積もっていたことを示していると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below