October 8, 2019 / 2:14 AM / 8 days ago

原油先物は上昇、コモディティー価格高やイラク・エクアドル情勢が支援

 10月8日、アジア時間の原油先物は上昇。オーバーナイトでのコモディティー(商品)価格の上昇に支援されている。写真は2017年10月にフランス・ストラスブールで撮影(2019年 ロイター/Christian Hartmann)

[シンガポール 8日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。オーバーナイトでのコモディティー(商品)価格の上昇に支援されている。産油国のイラクやエクアドルの政情不安も、供給への懸念につながり相場を支援している。

0102GMT(日本時間午前10時02分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.39ドル(0.7%)高の1バレル=58.74ドル。米WTI原油先物CLc1は0.35ドル(0.7%)高の53.10ドル。

CMCマーケッツの主席市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「ロンドン市場で銅とアルミニウムの取引が非常に堅調だった。先週発表された製造業データの弱さを踏まえると、工業用コモディティー全般に幾分の調整がみられているようだ」と指摘。リスクは少なくとも短期的には上向きだとの見方を示した。

反政府デモの発生から1週間が経過したイラクでは、合計死亡者が110人に達した。[nL3N26S3NA]

エクアドルのエネルギー相は7日夜、政府の緊縮措置への抗議活動により、同国の原油生産は日量5万9450バレル減少する可能性があるとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below