February 8, 2019 / 3:08 AM / 15 days ago

原油先物は小動き、世界景気巡る懸念が重し

 2月8日、アジア時間の米原油先物は小動き。世界的な景気減速懸念が相場の頭を抑える一方で、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産やベネズエラに対する米制裁が相場を下支えしている。写真はジャカルタのガソリンスタンドで2014年11月撮影(2019年 ロイター/Beawiharta)

[シンガポール 8日 ロイター] - アジア時間の米原油先物は小動き。世界的な景気減速懸念が相場の頭を抑える一方で、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産やベネズエラに対する米制裁が相場を下支えしている。

0046GMT(日本時間午前9時46分)現在、米WTI原油先物は0.03ドル安の1バレル=52.61ドル。前日は2.5%値下がりしている。

北海ブレント先物LCOc1はまだ取引されていない。

原油先物を含む金融市場では、米中貿易摩擦の解消に向けた両国の合意がまとまらず、世界経済の先行きを暗くするとの懸念が影を落としている。

トランプ米大統領は7日、中国との通商協議の期限である3月1日までに習近平国家主席と会談する計画はないことを確認した。

OANDAの市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「原油価格は今週の安値圏で再び推移している。景気減速見通しは原油在庫増加の前兆となる可能性があるからだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below