for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物2週間ぶり安値、中国が戦略備蓄放出へ

米国時間の原油先物は、中国が戦略石油備蓄の放出計画を発表したことなどが重しとなり、約2週間ぶりの安値を付けた。写真は2016年1月撮影(2021年 ロイター/Anna Driver)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、中国が戦略石油備蓄の放出計画を発表したことなどが重しとなり、約2週間ぶりの安値を付けた。

清算値は、北海ブレント原油先物が1.15ドル(1.6%)安の1バレル=71.45ドル。米WTI原油先物が1.16ドル(1.7%)安の68.14ドル。ともに8月26日以来の安値となった。

OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「中国の戦略備蓄放出は大きなニュースだった。国内の製油所や化学メーカーの大きな支援になるだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up