January 26, 2018 / 2:28 AM / 24 days ago

原油先物が下落、短期的に基礎的条件軟化見通し

[シンガポール 26日 ロイター] - 26日アジア時間の取引で原油先物価格は下落。原油市場のファンダメンタルズ(基礎的条件)が近い将来に軟化すると見込まれている。

0103GMT(日本時間午前10時03分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比31セント(0.4%)安の1バレル=70.11ドル。前日には2014年12月以来の高値71.28ドルを付けた。

米WTI原油先物CLc1は前営業日終値比27セント(0.4%)安の1バレル=65.24ドル。WTIも前日、14年12月以来の高値66.66ドルを付けた。

アナリストは原油相場が短期的にやや軟化しそうだと指摘。マレックス・スペクトロンのリサーチ部門責任者は「原油の供給が依然として高水準であり、一段の供給増を見込んでいる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below