August 9, 2019 / 9:48 PM / 11 days ago

米原油先物4%近く上昇、欧州の在庫縮小などで

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は1ドル超上昇した。欧州の在庫縮小や石油輸出国機構(OPEC)の生産抑制が押し上げ要因になった。

清算値は北海ブレント先物が1.15ドル(2%)高の1バレル=58.53ドル。米WTI原油先物は1.96ドル(3.7%)高の54.50ドル。

週間では北海ブレントが5%余り、WTIは約2%下落した。

ユーロオイルストックのデータによると、欧州16カ国の7月石油在庫は前月から小幅に低下。また、サウジアラビア当局者は8日、8・9月の原油輸出を日量700万バレル以下に抑える方針だと明らかにした。石油需要が底堅い中、世界的に在庫を減らし、市場の均衡を回復することが狙いという。[nL4N2543OE]

一方、国際エネルギー機関(IEA)が9日発表した月報によると、1─5月の世界の石油需要は前年同期比で日量52万バレル増と、金融危機が起きた2008年以来の低い伸びにとどまった。[nL4N255384]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below