for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物、14年10月以来の高値 供給不足反映

米国時間の原油先物は、世界的な供給不足と米国の需要増を背景に、2014年10月以来の高値を付けた。写真は25日撮影(2021年 ロイター/Diego Vara)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、世界的な供給不足と米国の需要増を背景に、2014年10月以来の高値を付けた。

清算値は、北海ブレント原油先物が0.41ドル(0.5%)高の1バレル=86.40ドル、米WTI原油先物が0.89ドル(1.1%)高の84.65ドル。 共に14年10月以来の高値となる。

ライスタッド・エナジーのシニア原油市場アナリスト、ルイーズ・ディクソン氏は「エネルギー供給不足は収束にはほど遠い。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成するOPECプラスが対応に動かない中、原油価格は11─12月に一段と上昇する」との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up