June 28, 2019 / 9:06 PM / 23 days ago

原油先物は2週連続で上昇、OPECの協調減産延長期待で

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国時間の原油先物は下落。ただ週間では、石油輸出国機構(OPEC)が協調減産を延長するとの期待感を背景に2週連続で上昇した。

中心限月となった北海ブレント先物9月限LCOU9の清算値は0.93ドル安の1バレル=64.74ドル。期近の8月限LCOc1は変わらずの66.55ドルだった。

米WTI原油先物CLc1は0.96ドル安の58.47ドルだった。

2019年上半期の北海ブレントは20%を超す上昇。米WTI原油先物も25%超の上昇を記録した。

この日は取引終盤で下げに転じた。市場の方向性を決める週末および週明けのイベントを前に投資家はポジションを積み上げていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below