November 24, 2017 / 1:58 AM / 8 months ago

米原油先物、2年ぶり高値更新 主要パイプラインの供給停止で

[シンガポール 24日 ロイター] - アジア時間24日の取引で米原油先物が2年ぶり高値を更新した。カナダから米国につながるパイプラインの供給停止を受け、北米で需給が逼迫(ひっぱく)している。

 11月24日、アジア時間の取引で米原油先物が2年ぶり高値を更新した。カナダから米国につながるパイプラインの供給停止を受け、北米で需給が逼迫(ひっぱく)している。写真はカナダアルバータ州エドモントン近くの石油精製施設。2016年5月撮影(2017年 ロイター/Chris Helgren)

0100GMT(日本時間午前10時)現在、米原油先物は0.35ドル(0.6%)高の1バレル=58.37ドル。一時2015年7月1日以来の高値となる58.58ドルまで上昇した。

北海ブレント先物LCOc1は0.20ドル(0.3%)安の1バレル=63.35ドル。

市場筋によると、トランスカナダ(TRP.TO)が運営する「キーストーン」パイプラインが前週の原油漏れを受けて供給停止となっているため、オクラホマ州クッシングの原油在庫が減少している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below