June 27, 2018 / 1:47 AM / 22 days ago

原油先物は上昇、供給障害や米のイラン産原油輸入停止要請で

[シンガポール 27日 ロイター] - アジア時間27日の原油先物は上昇。リビアとカナダでの供給障害や、米国がイラン産原油の輸入停止を各国に要請したことが背景。

 6月27日、アジア時間の原油先物は上昇。リビアとカナダでの供給障害や、米国がイラン産原油の輸入停止を各国に要請したことが背景。写真はテヘランのガソリンスタンドで給油する男性。2016年1月撮影(2018年 ロイター/Raheb Homavandi)

0111GMT(日本時間午前10時11分)現在、北海ブレント先物LCOc1は0.29ドル(0.4%)高の1バレル=76.60ドル。米WTI原油先物CLc1は0.26ドル(0.3%)高の70.79ドルで推移。

OANDAのアジア太平洋取引責任者、スティーブン・イネス氏は「原油価格は米政権がイラン産原油輸入をゼロにするよう同盟国に呼びかけたことを受け、オーバーナイトで急伸した」と指摘。「リビアの問題も原油のサプライチェーンにおける重大な懸念事項だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below