July 3, 2018 / 2:00 AM / 15 days ago

原油先物は上昇、リビアが一部出荷について不可抗力宣言

[シンガポール 3日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。リビアが一部港湾からの出荷について「フォース・マジュール(不可抗力)」を宣言したことが材料視された。一方で、石油輸出国機構(OPEC)や米国の産油量増加は相場の重しとなった。

 7月3日、アジア時間の原油先物は上昇。リビアが一部港湾からの出荷について「フォース・マジュール(不可抗力)」を宣言したことが材料視された。写真はリビアのパイプライン。2016年9月にベンガジ撮影(2018年 ロイター/Esam Al-Fetori)

0112GMT(日本時間午前10時12分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前日終値比0.76ドル(1%)高の1バレル=78.06ドル。

米WTI原油先物CLc1も0.75ドル(1%)高の74.69ドル。

市場関係者は、リビアの供給障害が価格を押し上げており、6月のOPEC産油量が前月から増加したことの影響を相殺していると話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below