July 31, 2018 / 1:56 AM / 18 days ago

原油先物は下落、OPEC7月産油量が今年最高水準との調査で

[東京 31日 ロイター] - 31日の原油先物価格は下落。石油輸出国機構(OPEC)の7月産油量が2018年に入って最高水準になったとの調査が重しとなった。ただ供給懸念がくすぶり下値は限定的となっている。

 7月31日、原油先物価格は下落。石油輸出国機構(OPEC)の7月産油量が2018年に入って最高水準になったとの調査が重しとなった。写真はテキサス州の石油掘削装置。昨年3月撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

0109GMT(日本時間午前10時09分)時点で、ブレント先物LCOc1は0.07ドル安の1バレル=74.90ドル。前日は0.68ドル(0.9%)高だった。

米WTI先物CLc1は0.06ドル安の70.08ドル。前日は2%を超す上昇だった。

ロイターが30日に公表した調査によるとOPECの7月産油量は、前月から日量7万バレル(bpd)増の3264万バレルと、2018年に入って最高水準となった。[nL4N1UQ4YV]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below