August 9, 2018 / 5:03 AM / 12 days ago

原油先物は小幅反発、前日の大幅安の反動で

[東京 9日 ロイター] - アジア時間の取引で原油先物価格は小幅反発。前日には米中貿易摩擦の拡大に加え、中国の公式データによって同国のエネルギー需要がまだ堅調さを取り戻していないことが示され、大幅安となっていた。

 8月9日、アジア時間の取引で原油先物価格は小幅反発。前日には米中貿易摩擦の拡大に加え、中国の公式データによって同国のエネルギー需要がまだ堅調さを取り戻していないことが示され、大幅安となっていた。写真は新疆ウイグル自治区の石油掘削リグ。6月撮影(2018年 ロイター)

0355GMT(日本時間午後0時55分)時点のブレント先物LCOc1は0.24ドル高の1バレル=72.52ドル。前日には3%超下落していた。

米WTI原油先物CLc1は0.07ドル高の1バレル=67.02ドル。前日は3.22%安だった。

グローバル市場は米中貿易戦争によって揺さぶられており、米中経済の鈍化がコモディティー需要の減退につながると懸念されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below