December 4, 2018 / 1:24 AM / 9 days ago

原油先物は上昇、OPEC主導の協調減産に期待

 12月4日、アジア時間の原油先物価格は上昇。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産期待やカナダのアルバータ州による減産命令を背景とした前日からの買いが続いている。写真はカナダ・アルバータ州の石油掘削ポンプ。2014年7月に撮影(2018年 ロイター/Todd Korol)

[シンガポール 4日 ロイター] - アジア時間の原油先物価格は上昇。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産期待やカナダのアルバータ州による減産命令を背景とした前日からの買いが続いている。

トレーダーによると、米国が中国への追加関税の税率引き上げを90日間猶予することが決まったことも、相場を下支えしているという。

0006GMT(日本時間午前9時6分)時点で、米WTI原油先物CLc1は25セント高の1バレル=53.20ドル。北海ブレント先物LCOc1の取引はまだ始まっていない。

米中が追加関税棚上げで合意した後、いずれの指標も前日、4%前後上昇した。

6日にウィーンで予定されているOPEC総会では、協調減産で合意する見込み。非加盟産油国であるロシアとも協議が行われる。

米ゴールドマン・サックスは顧客向けリポートで「季節的要因に反して大幅増加している原油在庫を減らすため、OPECとロシアには日量130万バレルの減産が求められるだろう」との見方を示した。さらに、北海ブレント価格を「60ドル台半ば以上」に押し上げるため供給を抑えるよう、双方が努力することになるとも見込んだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below