May 29, 2018 / 1:48 AM / 3 months ago

原油先物はまちまち、サウジ・ロシア増産見通しが依然下押し圧力

[ソウル 29日 ロイター] - 29日アジア時間序盤の取引で原油先物価格はまちまち。ただ、サウジアラビアとロシアが増産に動くとの見方が引き続き下押し圧力となっている。

 5月29日、アジア時間序盤の取引で原油先物価格はまちまち。ただ、サウジアラビアとロシアが増産に動くとの見方が引き続き下押し圧力となっている。写真はサウジアラビアの石油精製施設。サウジアラムコ提供(2018年 ロイター)

0028GMT(日本時間午前9時28分)現在、北海ブレント先物LCOc1は57セント(0.76%)高の1バレル=75.87ドル。28日清算値は8日以来の安値となる75.30ドル。

米WTI原油先物CLc1は80セント(1.18%)安の1バレル=67.08ドル。

ANZ銀行はノートで「投資家はサウジアラビアとロシアが増産する可能性を織り込み始めている。しかし、6月の石油輸出国機構(OPEC)総会で何らかの合意がまとまるかについては疑問も残る」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below