August 21, 2018 / 1:55 AM / 4 months ago

原油先物は小幅高、米国のイラン制裁再開で供給減少との観測

 8月21日、同日の取引で原油先物は小幅上昇。米国が11月に再開するイランの石油取引に対する制裁により供給が減少するとみられている。写真はガソリンスタンドで給油する作業員。5月にインドのムンバイで撮影(2018年 ロイター/Francis Mascarenhas)

[シンガポール 21日 ロイター] - 21日の取引で原油先物は小幅上昇。米国が11月に再開するイランの石油取引に対する制裁により供給が減少するとみられている。ただ、米中貿易摩擦の影響で需要が伸び悩むとの観測を背景に上値は重い。

0104GMT(日本時間午前10時04分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前日終値比0.03ドル高の1バレル=72.24ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.24ドル(0.4%)高の66.67ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below