September 12, 2018 / 1:54 AM / 2 months ago

原油先物は上昇、米在庫減少やイラン制裁控えた需給逼迫観測で

 9月12日、アジア時間の原油先物は上昇。米国内在庫が減少したほか、イラン産原油を対象とした米国の制裁再開を11月に控え、需給逼迫観測が強まった。写真は石油掘削リグ。2014年10月にカリフォルニアで撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[シンガポール 12日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。米国内在庫が減少したほか、イラン産原油を対象とした米国の制裁再開を11月に控え、需給逼迫観測が強まった。

大型ハリケーン「フローレンス」が米国に接近していることも押し上げ要因だった。同ハリケーンは14日に東海岸に上陸する見通し。

0047GMT(日本時間午前9時47分)時点で米WTI原油先物CLc1は前営業日終値比0.56ドル(0.8%)高の1バレル=69.81ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.24ドル(0.3%)高の79.30ドル。

米石油協会(API)が11日発表した9月7日までの週の国内原油在庫は860万バレル減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below