October 4, 2018 / 2:10 AM / 15 days ago

原油先物は下落、米原油在庫増やサウジ・ロシアの増産合意報道で

[シンガポール 4日 ロイター] - 4日の原油先物価格は前営業日に付けた4年ぶり高値から下落。米原油在庫増加に伴う下押し圧力にさらされているほか、ロシアとサウジアラビアが9月に増産で内密に合意していたとのロイター報道を受けた。

 10月4日、原油先物価格は前営業日に付けた4年ぶり高値から下落。米原油在庫増加に伴う下押し圧力にさらされているほか、ロシアとサウジアラビアが9月に増産で内密に合意していたとのロイター報道を受けた。写真はロシアのノヴォロシースクの石油基地。5月に撮影(2018年 ロイター/Natalya Chumakova)

0104GMT(日本時間午前10時04分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比44セント(0.5%)安の1バレル=85.85ドル。3日には4年ぶり高値となる86.74ドルを付けた。

米WTI原油先物CLc1は30セント(0.4%)安の1バレル=76.11ドル。

エネルギー情報局(EIA)が3日発表したデータによると、米原油在庫C-STK-T-EIAは先週に約800万バレル増加し、約4億0400万バレルとなった。増加幅は2017年3月以来の大きさ。

関係筋4人によると、ロシアとサウジアラビアは9月、原油高を抑制するため増産することで内密に合意し、同月にアルジェで開いた産油国会合の前に米国に増産の方針を通知した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below