January 8, 2019 / 1:09 AM / 4 months ago

原油先物が堅調、米中通商協議への期待やOPEC減産で

 1月8日、原油先物は堅調。北京で開かれている米中通商協議への期待が相場を支えている。写真はテキサス州の油田で昨年8月に撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 8日 ロイター] - 8日の原油先物は堅調。北京で開かれている米中通商協議への期待が相場を支えている。また、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産開始も市場を引き締めている。

0113GMT(日本時間午前10時13分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比44セント(0.8%)高の1バレル=57.77ドル。

米WTI原油先物CLc1は33セント(0.7%)高の1バレル=48.85ドル。

米中次官級通商協議が7日から北京で開かれる中、ロス米商務長官は同日、双方が受け入れ可能な合意を得る可能性が高いとの認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below