February 28, 2019 / 1:46 AM / 19 days ago

原油先物が小幅安、米原油生産増や日本・中国の経済指標が重し

 2月28日、原油先物は、小幅に下落している。写真はテキサス州の油田で昨年8月に撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 28日 ロイター] - 原油先物は28日、小幅に下落している。きょう発表された中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)や日本の鉱工業生産指数がさえない内容となったこと、米原油生産量が過去最高に達したことが背景。一方、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産が下支え材料になっている。

0248GMT(日本時間午前11時48分)現在、北海ブレント先物LCOc1は0.24ドル(0.4%)安の1バレル=66.15ドル。米WTI原油先物CLc1は0.02ドル安の同56.92ドル。

米エネルギー情報局(EIA)の週間統計によると、米原油生産は過去最高の日量1210万バレルに達した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below