April 9, 2019 / 1:56 AM / 12 days ago

原油先物は5カ月ぶり高値、リビア内戦激化で供給懸念

 4月9日、アジア時間午前の取引で、原油先物は5カ月ぶり高値。写真は北京のガソリンスタンドで2015年1月に撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[シンガポール 9日 ロイター] - アジア時間9日午前の取引で、原油先物は5カ月ぶり高値。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産、米国の対イラン・ベネズエラ制裁を受けてすでに原油供給がタイト化する中、リビア内戦の激化で供給が一段と引き締まるとの見方が広がった。

0057GMT(日本時間午前9時57分)時点で、ブレント先物LCOc1は0.06ドル(0.1%)高の1バレル=71.16ドル。一時は71.34ドルと、昨年11月以来の高値を付けた。

米原油先物(WTI)CLc1も一時、昨年11月以来の高値となる64.77ドルを記録。その後はやや下げ、前日清算値比0.18ドル(0.3%)高の64.58ドル。

サクソバンクのコモディティー戦略責任者は「リビアでの内戦激化がブレント原油の70ドル台への上昇につながった」と指摘した。

リビアは欧州にとって重要な原油供給国。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below