June 13, 2019 / 2:06 AM / 6 days ago

原油先物は小幅高、前日の急落から安定

 6月アジア時間の原油価格は小幅高。前日は米原油在庫の増加や石油需要を巡る懸念を背景に最大4%下落していた。写真はテキサス州ミッドランドの油田で昨年8月に撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[東京 13日 ロイター] - アジア時間の原油価格は小幅高。前日は米原油在庫の増加や石油需要を巡る懸念を背景に最大4%下落していた。

0035GMT(日本時間午前9時35分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.12ドル(0.2%)高の1バレル=60.09ドル。前日清算値は3.7%安の1バレル=59.97ドルで、1月28日以来の安値だった。

米WTI先物CLc1は0.12ドル(0.2%)高の51.26ドル。前日清算値は4.0%安の51.14ドルで、1月14日以来の安値だった。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が12日発表した週間石油統計(6月7日まで)によると、米国の原油在庫は220万6000バレル増加した。予想は48万1000バレルの減少だった。

EIAは11日、2019年の世界の石油需要見通しを引き下げた。

見通し引き下げを受け、世界経済への懸念からヘッジファンドマネジャーらは2018年第4・四半期以来のペースで原油のポジションを解消している。

ゴールドマン・サックスは不透明なマクロ経済見通しや、イランなどの不安定な原油生産が、石油輸出国機構(OPEC)の減産延長につながる可能性があるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below