June 21, 2019 / 1:53 AM / in 3 months

原油先物は小反落、中東情勢緊迫化や米利下げ期待で週間では上昇

 6月21日、原油先物価格は、小反落している。ただ、中東情勢の緊迫化や米国が利下げした場合景気刺激効果で需要が増加するとの期待が相場を下支えしており、週間ベースでは上昇する見通し。写真はホルムズ海峡を航行するタンカー。昨年12月に撮影(2019年 ロイター/Hamad I Mohammed)

[シンガポール/東京 21日 ロイター] - 原油先物価格は、小反落している。ただ、中東情勢の緊迫化や米国が利下げした場合景気刺激効果で需要が増加するとの期待が相場を下支えしており、週間ベースでは上昇する見通し。

0458GMT(日本時間午後1時58分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.10ドル(0.16%)安の1バレル=64.35ドル。前日は4.3%高を記録。週間ベースでは4%近くの上げとなる見通し。

米WTI先物CLc1も0.20ドル(0.35%)安の56.87ドル。前日は5.4%上昇。週間では8%超上昇する見通し。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below