November 24, 2015 / 9:58 PM / 4 years ago

原油先物2週間ぶり高値、トルコのロ軍機撃墜で中東の緊張高まる

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 24日、原油先物価格が約3%急伸し、約2週間ぶりの高値を更新。トルコによるロシア軍機撃墜を受け、中東で緊張が高まっていることが買いを誘った。米感謝祭の連休を控え、ガソリン先物が急上昇していることも背景にある。

トルコは、度重なる警告にもかかわらず領空を侵犯したとして、シリア国境付近でロシアの軍用機を撃墜。ロシアのプーチン大統領は背信行為と批判し、両国の関係に「重大な影響」をもたらすと警告した。

北海ブレント1月限LCOc1は2.9%高の46.12ドルで清算。一時、2週間ぶりの高値となる46.50ドルまで上昇した。

米WTI原油先物1月限CLc1は2.7%高の42.87ドルで取引を終了。一時、11日以来の高値となる43.46ドルをつけた。

また、26日の米感謝祭近辺に車での旅行が増加するとの期待から、米ガソリン先物RBc1は6%急上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below