Reuters logo
原油先物は堅調、OPECの減産順守率上昇で
2017年11月1日 / 02:12 / 20日後

原油先物は堅調、OPECの減産順守率上昇で

[シンガポール 1日 ロイター] - アジア時間の原油先物は、北海ブレント価格が2年ぶり高値に接近。石油輸出国機構(OPEC)加盟国の協調減産順守率が高まり、ロシアも合意を堅持しているとみられている。

 11月1日、アジア時間の原油先物は、北海ブレント価格が2年ぶり高値に接近。石油輸出国機構(OPEC)加盟国の協調減産順守率が高まり、ロシアも合意を堅持しているとみられている。写真はアラスカのパイプライン。2008年8月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

0045GMT(日本時間午前9時45分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前日終値比0.22ドル高の1バレル=61.16ドル。前日には一時2年ぶり高値となる61.41ドルを付けていた。

米原油先物CLc1は0.27ドル高の1バレル=54.65ドルで、2月の高値付近で推移している。

OPECの10月産出量は、前月から日量8万バレル減の3278万バレル。減産合意の順守率は92%と、前月の86%から上昇した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below