Reuters logo
原油先物は動意薄 月末にOPEC総会控え、減産合意延長が焦点
November 20, 2017 / 1:39 AM / 25 days ago

原油先物は動意薄 月末にOPEC総会控え、減産合意延長が焦点

[シンガポール 20日 ロイター] - アジア時間の原油先物相場は動意に欠ける展開。30日に石油輸出国機構(OPEC)総会を控え、持ち高を大きく傾ける動きはみられない。

 11月20日、アジア時間の原油先物相場は動意に欠ける展開。30日に石油輸出国機構(OPEC)総会を控え、持ち高を大きく傾ける動きはみられない。写真はロシアのコズミノ石油積出専用海洋港で15日撮影(2017年 ロイター/Yuri Maltsev)

0052GMT(日本時間午前9時52分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比26セント(0.4%)安の1バレル=62.46ドル。米WTI原油先物CLc1は2セント高の56.57ドル。

OPEC総会では、ロシアなど非加盟産油国との協調減産合意を、現在の期限である2018年3月から延長するかが焦点。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below