December 18, 2017 / 2:15 AM / 7 months ago

原油先物は横ばい、材料不足で

[シンガポール 18日 ロイター] - アジア時間の取引で原油先物は、前週末の終値水準で横ばい。材料となる指標などがない中、相場の動きは限られている。

 12月18日、アジア時間の取引で原油先物は、前週末の終値水準で横ばい。材料となる指標などがない中、相場の動きは限られている。写真は米テキサス州の石油掘削所で5月に撮影(2017年 ロイター/Ernest Scheyder)

0105GMT(日本時間午前10時05分)時点で、米原油先物CLc1は0.03ドル高の1バレル=57.33ドル。

北海ブレント先物LCOc1は前週末終値から横ばいの63.24ドルだった。

オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行は「相反する一連の事象を受け、投資家の不透明感が高まっている」と述べた。

北海ではパイプライン「フォーティーズ」が稼働を停止。また、米国では15日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数が6週間ぶりに減少したが、前年同期の水準はなお大幅に上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below