February 1, 2018 / 1:18 AM / 4 months ago

米原油相場は上昇、OPEC協調減産順守率の上昇が支援

[東京 1日 ロイター] - アジア時間の米原油先物は上昇。11月の米原油生産が1970年以降で初めて日量1000万バレルを突破したが、石油輸出国機構(OPEC)による協調減産の合意順守率が上昇し、支援材料となっている。

 2月1日、アジア時間の米原油先物は上昇。11月の米原油生産が1970年以降で初めて日量1000万バレルを突破したが、石油輸出国機構(OPEC)による協調減産の合意順守率が上昇し、支援材料となっている。写真はオクラホマ州の原油貯蔵タンク群。2016年3月撮影(2018年 ロイター/Nick Oxford)

0030GMT(日本時間午前9時30分)現在、米WTI原油先物CLc1は0.18ドル(0.3%)高の1バレル64.91ドル。前日は0.4%高。

北海ブレント先物LCOc1はまだ取引されていない。前日は0.03ドル高の1バレル68.89ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below