February 5, 2018 / 1:29 AM / in 3 months

原油先物はドル高受け下落、北海ブレントは約1カ月ぶり安値

[東京 5日 ロイター] - 週明け5日アジア時間の原油先物相場は、ドル高を背景に先週末からの下げ幅を拡大。北海ブレント原油先物は約1カ月ぶりとなる安値を付けた。

 2月5日、週明け5日アジア時間の原油先物相場は、ドル高を背景に先週末からの下げ幅を拡大。北海ブレント原油先物は約1カ月ぶりとなる安値を付けた。写真はコロラド州デンバーの石油掘削機。2015年2月撮影(2018年 ロイター/Rick Wilking)

0033GMT(日本時間午前9時33分)現在、北海ブレント先物LCOc1は0.75ドル(1.1%)安の1バレル=67.83ドル。先週末には1.5%下げていた。

米WTI原油先物CLc1は0.66ドル安の1バレル=64.79ドル。先週末には0.5%下げていた。

米国での原油生産増加も相場の重しとなっている。

米エネルギー情報局(EIA)は1月31日付の月次リポートで、昨年11月の米原油生産量が1970年以降で初めて日量1000万バレルを超え、過去最高記録に接近したと発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below