March 19, 2018 / 3:09 AM / 8 months ago

原油先物は下落、米石油掘削リグ稼働数が増加

 3月19日、アジア時間の取引で原油先物は下落している。米石油掘削リグ稼働数の増加を受けて一段の生産増加が見込まれ、供給過剰を巡る懸念が高まった。写真はバージニア州で2014年12月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[シンガポール 19日 ロイター] - アジア時間の取引で原油先物は下落している。米石油掘削リグ稼働数の増加を受けて一段の生産増加が見込まれ、供給過剰を巡る懸念が高まった。

0145GMT(日本時間午前10時45分)時点で、米原油先物CLc1は、0.32ドル(0.5%)安の1バレル=62.02ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.34ドル(0.5%)安の65.87ドル。

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した16日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は800基で、前週から4基増加した。

ただオアンダのアジア太平洋地域トレーディング責任者スティーブン・イネス氏は「米国がイラン核合意から離脱するとの公算は依然として高く、原油価格は引き続き堅調に推移する」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below