March 26, 2018 / 2:43 AM / 6 months ago

原油先物は上昇、協調減産の継続観測やイラン制裁への懸念で

[シンガポール 26日 ロイター] - 26日アジア時間の原油先物相場は上昇。北海ブレント原油先物は1月以降初めて、1バレル=70ドル台で取引を開始した。

 3月26日、アジア時間の原油先物相場は上昇。北海ブレント原油先物は1月以降初めて、1バレル=70ドル台で取引を開始した。写真はソウルで2005年6月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon KKHTZ)

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が22日、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国と非加盟国のロシアは在庫低減のため、19年も引き続き協調減産に取り組む必要があるとの考えを示したことが引き続き材料視された。米国がイランに対し制裁を再開するとの懸念も原油の買い材料。

0157GMT(日本時間午前10時57分)時点で、米WTI原油先物CLc1は18セント(0.2%)高の66.06ドル。

北海ブレント先物LCOc1は29セント(0.4%)高の70.74ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below