April 9, 2018 / 2:06 AM / 7 months ago

原油先物は反発、貿易摩擦巡る懸念なお重し

 4月9日、アジア時間の原油先物は上昇。前週末6日には米中貿易摩擦の激化を巡る懸念から約2%急落していたが、下げ止まっている。写真はハノイで2016年12月撮影(2018年 ロイター/Nguyen Huy Kham)

[シンガポール 9日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。前週末6日には米中貿易摩擦の激化を巡る懸念から約2%急落していたが、下げ止まっている。

0019GMT(日本時間午前9時19分)時点で、米WTI原油先物CLc1は0.11ドル(0.2%)高の1バレル=62.17ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.12ドル(0.2%)高の1バレル=67.23ドル。

OANDA(シンガポール)のアジア太平洋トレーディング責任者、スティーブン・イネス氏は「貿易戦争の激化は世界経済のセンチメントを圧迫する可能性があるが、実際に懸念されるのは中国が強い圧力を受けて米国からの原油輸入に関税を課す可能性だ」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below